まつげ育毛剤は、まつげを濃く長くして魅力的な目元にするために必要なアイテムです。
まつ毛まつげにコンプレックスを抱えている人は断然使った方が良いです。まつげがフサフサで存在感があると、マスカラを塗るとより強調されて目力がアップします。
マスカラが楽しくなりますし、メイクも全体的に映えます。まつげ育毛剤は使い方次第で効果が大きく変わります。
そして効果が高い分、副作用が出ることもありますので、その事を知っておくことも大切です。

まつげが濃くなったり、長く・太くなる効果が!

まつげ育毛剤を使用する狙いは、まつげを「濃く長く」することです。
そして「太く健康的」にするためにも使われます。
まつげの傷みをカバーする効果だけを持つまつげ美容液とは違いますので、選ぶ時は注意しましょう。

まつげを長く濃くするためにマスカラがよく使われますが、マスカラはやはり人工のものに過ぎず、マスカラはメイクを落とせばなくなって元の寂しい目元に戻ります。
そして、つけまつげやまつエクもその重みによって自まつげに負担をかけてしまっています。
そこで使うべきなのがまつげ育毛剤で、自まつげを魅力的に変える最良な方法だと言えます。

日本人はまつげが短いと言われていて、日本人女性の平均は7mm弱で、欧米人の女性の平均は8mmを超えています。
まつげの世界では1mmがものを言いますので、例え1mmでも目元の印象は大きく変わります。
さらに幅1mmに生えているまつげの量も欧米人の女性は平均1本多いということなので、日本人女性よりも密度が濃いです。
欧米人の女性の魅力的なまつげは、長さや濃さがもともと遺伝子に組み込まれたものなので、日本人女性がそれを目指す場合はやはりまつげ育毛剤を活用するのが一番です。

まつげは毛根にある毛母細胞が分裂を繰り返して伸びていくのですが、まつげ育毛剤は生え際を保湿して栄養を届けやすくし、まつげに良い周辺環境を作ります。
そうすることで発毛や育毛促進を図ることができ、長くて濃い、そして太くてツヤのある健康的なまつげが育ちます。
また、保護することで切れ毛や抜け毛を防ぐことができ、まつげの育ちをサポートします。

効果が期待できる具体的な成分は、ハリやコシを生み出すものでセンブリエキスやオタネニンジン根エキス、パンテノールなどです。
また保湿成分としてはヒアルロン酸やアロエベラ、コラーゲン、アミノ酸があります。
グリコシルやトレハロース、海藻エキス、ブドウ種子エキスも有効です。
毛母細胞の活性化を促す成分や、頭髪育毛剤の成分として有名な成分と同様の効果が得られる成分が使われている製品もあります。
そして、医薬品の主成分の副作用を利用したまつげ育毛剤もあります。

まつげ育毛剤はすぐに効果が出るというわけではなく、2週間ほど使い続けると違いが分かるようになる場合が多いです。
使うほどにまつげが濃く長くなっていきますので、魅力的な目元になれるよう続けましょう。
眉毛に使っても効果が期待できますので、眉毛の一部が抜けている人は使用してみると良いです。

使い方は少しずつ、生え際をムラなく塗るのがポイント

まつげ育毛剤は上手な使い方をすることで、育毛効果がアップします。
まつげ育毛剤はなるべく洗顔後の清潔な状態で使うことが大切です。
なぜならマスカラなどのアイメイクが残っている状態では、まつげ育毛剤の有効成分が浸透しづらくなるからです。
まつげを擦ったりせず、負担をかけずに優しくクレンジングをしてからの使用が上手に使うコツになります。

まつげ育毛剤の使い方で一番大事なことは、一度に大量につけず、どちらかと言うと薄めに塗るということです。
厚く塗るとそれだけ効果が高く出るように思ってしまいますが、一度に浸透する量は決まっていますので、たくさん塗った分が無駄になってしまいます。
また厚く塗って浸透しなかった分が液だれして目の中に入ったり、粘膜に入りやすくなって目が長時間しみることもあります。
それでも多めに使いたいという人は、薄めに塗って浸透してからもう一度薄めに重ねづけすることをおすすめします。

塗り方ですが、まつげ育毛剤はまつげそのものに塗っても、伸びたり濃くなるという効果はほぼありません。
ツヤこそ出るかもしれませんが、まつげ育毛剤はまつげの生え際に塗るのが正しい使い方になります。
まつげ育毛剤は生え際にある皮膚を保湿して栄養を運びやすい状態にし、まつげが成長しやすい環境を作ります。
また、そこにある毛母細胞を活性化させる効果が期待できます。
しかし、塗るべき場所に塗らなければどんなに効果が高いまつげ育毛剤を使っても意味がありません。

また、まつげ育毛剤は生え際にムラなく塗ることが大切です。
生え際はまつげがあるので塗りにくい箇所もあり、いつもあまりしっかりと塗れていないところがあると、部分的に短いままであったり薄い箇所が出てしまい、見た目にも影響してしまいます。
どちらの目から塗り始めるかというクセによっても差が出ることがあります。

まつげ育毛剤の塗布部分は製品によって異なります。
主にチップタイプやマスカラブラシタイプ、筆タイプなどがあります。
根元につけやすいのはチップタイプか筆タイプという人が多いですが、マスカラブラシタイプも慣れるとうまく塗布できます。
ただ、マスカラブラシタイプは硬めである場合が多く、塗布する際にまぶたがチクチク痛かったり、手元が狂って塗布部分が目の中に滑ってしまった場合は非常に痛みを感じます。
塗りやすさは口コミなどで確認することができますので、チェックしましょう。

まぶた付近が多毛化するなどの副作用があることも

まつげ育毛剤の中には効果的でまつげが劇的に伸びた、増えたと喜びの声が多い一方で何らかの副作用が出るという製品も存在します。
副作用がひどければまつげの育毛どころではないため、副作用について知っておく必要があります。

副作用が出やすいのは医療薬が主成分となっている製品に多いとされています。
スキンケア化粧品などでも使われるような穏やかな効果を持つ成分やまつげの成長をサポートする程度の成分では、よほど肌が弱い人でなければ重大な副作用はないと言っても過言ではありません。
しかし、医療薬は効果が強い分その反対の作用、つまり副作用が出やすくなります。

主な副作用として挙げられるのが色素沈着です。
強い作用のある医療薬成分がまつげからはみ出してしまった部分に起こることがあります。
ある臨床試験でも3%前後の確率で色素沈着が発生しているということがわかっています。

まつげ育毛剤はまつげを伸ばすことや濃くすることを目的に使用するものですが、要らない部分の毛が伸びるという事態に陥ることもあります。
まつげだけにうまく塗布できれば良いのですが、周辺にまぶたにどうしてもついてしまうこともあり、それが原因でまぶた付近が多毛化するという副作用も生じます。
これは塗布した部分のまつげだけが伸びるのではなく、目元の産毛も同時に伸びることで起こります。
まぶた付近が多毛化すると今度はムダ毛処理をする必要が出てきてしまいます。

その他にも、まぶたがくぼんでしまうというものがあります。
ひどい場合ではゾンビのような目元になったという話もあり、魅力的な目元とはかけ離れてしまいます。
これは医療薬成分がまぶたの脂肪に作用してしまうからだと言われており、原因となったまつげ育毛剤をやめると元に戻るとされています。
また同じようにまぶたへの副作用として、まぶたの垂れ下がりもあります。まぶたの皮膚が薄くなることで眼瞼下垂という状態を引き起こすためです。

まつげ育毛剤を単なる化粧品の一つだと軽く考える人もいますが、医療薬を主成分としているものは効果が絶大なので、軽視することはできません。
もし不要なところにうっかりついてしまった場合は、綿棒ですぐに拭き取ることが大切です。
綿棒で拭き取ることで、まつげ育毛剤が目に入ったり目元に残るということがなくなりますので、副作用の発生を防ぐことにつながります。

ページ上部へ戻る