• 2018.4.3

アジャンタファーマのまつ毛育毛ビマトアイドロップス

女性にとってまつ毛は重要な顔のパーツです。
自分のまつ毛に自信がない人には、長く太く見せるためにマスカラやつけまつ毛などを使う方法がありますが、毛やまぶたの皮膚に負担がかかったり、長く太く維持させるのに高額の費用がかかってしまいます。
そうした悩みを解決するのが、まつ毛そのものを育毛あるいは増毛しボリュームアップさせるまつ毛育毛剤です。

「ビマトアイドロップス」は、ビマトプロストを主成分としたまつ毛育毛剤です。
ビマトプロストは緑内障の治療薬として使われていましたが、使用者のまつ毛を成長させる効果がある事が判明し、今では様々なまつ毛育毛剤の主成分となっています。
ビマトプロストは使用者の毛胞を刺激してメラニン生成を活性化させるため、通常よりも短期間で濃く、長いまつげを得られます。

ビマトプロストを主成分にしたまつ毛育毛剤の定番商品と言われているのがルミガンで、ビマトアイドロップスはルミガンのジェネリック医薬品です。
ジェネリックなので、ビマトアイドロップスはルミガンと同じ効き目がありながらも比較的安価で手に入ります。
ビマトアイドロップスの臨床試験の結果によると、約16週間使い続ければ被験者全体の80%に高い効果がある事がわかっています。
また、同じ効果のルミガンによる調査では、まつげの長さが25%、密度が106%、色の濃さが18%も上昇しました。

また、使用する上で注意が必要なのは色素沈着です。
目のまわりに液体が残ると、色素沈着により目の周りにクマが出来てしまう場合があります。
そのため、まぶたのふちからはみ出た液体は全て拭き取り、目に入らないようにする必要があります。

ビマトアイドロップスは、医薬成分「ビマトプロスト」を含んでいるまつ毛育毛剤なので、一般的な薬局では販売されていません。
ビマトアイドロップスを入手するには、眼科や美容クリニックなどの医療機関で診断を受け、薬を処方してもらう必要があります。

ルミガンのジェネリック医薬品で効果も同様

ビマトアイドロップスはルミガンのジェネリック医薬品であり、ビマトアイドロップスとルミガンの主成分「ビマトプロスト0.03%」は全く同じものなので、両者の効果も全く同じです。
ビマトプロストは元々、緑内障を治療するために使われていました。
この緑内障とは、眼圧の上昇により視力が低下する症状のことです。
ビマトプロストには、上がった眼圧を低下させる効果があります。

しかし、ビマトプロストが使われていく過程において、緑内障を改善する効果の他に、まつ毛の毛包に刺激を与えて毛周期の成長を促す働きがあることがわかりました。
また、まつ毛の色を司るメラニン色素の生成を活性化させる働きもあります。
よって、ビマトプロストをまつ毛の付け根に塗れば、毛が長く太くなる上に色も濃くなるので、相乗効果により以前よりも増えたように見せられます。

ビマトアイドロップスにはルミガンと同じように、使うことで目のまわりにシミが出来る「色素沈着」の問題があります。
この対策としては、目から余分にはみ出たビマトアイドロップスをきれいに拭き取る他に、使用する前にあらかじめ、目のまぶたにワセリンなどのクリームを塗っておく方法もあります。

女性のまつ毛育毛剤「ビマトアイドロップス」はルミガンのジェネリックなので、安く入手出来ます。
主に薬局のネット通販サイトで購入出来ますが、買う前に偽造品であるかどうかを十分に疑うべきです。
なぜなら、粗悪品の中には全く効果がないものがあったり、目の充血などの被害を受けてしまうものもあります。
さらに、最悪のケースとして目の失明の危険もあり得ます。

各通販サイトには、商品の発送国などの情報が書かれているので、よく読んで購入の判断をするべきでしょう。
そのサイトの口コミを見て、安全かどうかを確認することも重要です。

関連記事

ページ上部へ戻る